News - お知らせ
2010年6月30日

「ベタつく肌」「強い紫外線」「インナードライ肌」・・・過酷なシーズンを美しく乗り切るために、まずは夏のお肌をしることから始めましょう。

お久しぶりになってしまいましたが・・・(coldsweats01
今回から何度かにわたり「夏のお肌」についてお知らせしますね。



<紫外線はなぜ肌によくないの?>

夏は肌にとってとても過酷な季節と言われ、最大の敵は梅雨明けと
同時に強くなる『紫外線』です。

一年でもっとも紫外線が強いのは夏至の頃(2010年は6月21日)
と言われていますが、この強い紫外線からお肌を守るために重要になるの
「紫外線予防」です。

紫外線は肌に炎症や日焼けを起こし、シミの原因なることは一般に広く
知られていますが、その他にも肌を硬くしたり、乾燥させたり・・・
『夏は肌がゴワゴワして、何だか顔色も冴えない」といったことも・・・。
また、紫外線を過度に浴びることは細胞や遺伝子情報を持つDNAにまで
ダメージを与えます。

肌老化の原因のうち『自然老化」は僅か20%、残り80%は紫外線による
『光老化」であるといわれ、最悪の場合になると『皮膚癌」の原因にもつながります。
ですから紫外線を防ぐということは「シミ」だけでなく、『老化」や『皮膚癌」の
予防にも繋がるなど大切なケアなのです。





カテゴリー一覽



三重県松阪市の美容室・美容院「DOZE(ドーゼ)」(カット・カラー・パーマ・ヘッドエステ)